• GRP
  • GRP

機械設備機器の焼付防止対策・異音対策・摩耗損傷対策・異常振動対策に、機械機器の延命にGRPの高性能潤滑剤。

GRP潤滑剤と環境規制法

環境規制法

世界的に環境に対する規制が厳しくなりつつあります。
我らの子孫へ美しい地球を残す、これ以上環境汚染を進めない、環境破壊を進めない、と言う観点からそれらの動向は当然の事といえます。
色々な化学物質が環境汚染を拡げ、健康にも障害をもたらす状況にあることは周知の事実であります。
そのような中でわが国に於いても「労働安全衛生法」、「化審法」、「化管法(PRTR法)」などに於いて化学物質の環境への影響を 管理する規制法がありますが、平成18年12月1日発効をもって「労働安全衛生法57条」は改正され規制が一段と強化されましたが、以降も年々、改訂が加えられ規制が厳しくなっています。

又、現在各国によってマチマチな化学物質管理法がそれぞれの国によって規定されていましたが現在は、国連の提唱によって世界的に「GHS」による規制に統一されつつあります。我が国に於いても2010年12月よりGHSに基づいたJIS7250等によってGHSに準拠した規制条項となってきています。(H28年現在JIS7253が最新規制であります)

法規制が求める内容

人体や環境に有害、又は問題となるレベルの含有量(値が規定されている)を越える化学物質が使われている場合は注意を喚起するためにその規定値のレベルに準じて製品ラベルにその物質名と含有量を明記する事、或いはその物質名をMSDS(材料安全データーシート)に含有量と共に記載することが平成18年12月1日 をもって義務付けられました。

GRP潤滑剤と規制法

これらの化学物質管理に関する諸規制法にて対象になっている内容の化学物質は弊社の製品群の中では石油系成分である「鉱油」がH28年度の改訂にて含有表示の対象となりましたが、それ以外の成分は非該当であります。

GRP製品の詳細はこちらからお問い合わせください。

GRP全製品一覧はこちらをクリックしてください。

PAGETOP