• GRP
  • GRP

機械設備機器の焼付防止対策・異音対策・摩耗損傷対策・異常振動対策に、機械機器の延命にGRPの高性能潤滑剤。

New TE

燃料に添加するエンジン燃焼室サイドの潤滑オイル
過酷なエンジン燃焼室の強い味方!

エンジンのコンバスチョンチャンバー(燃焼室)は常に過酷な条件におかれています。
エンジンがオイルを必要としているのはオイルパンの中のオイルだけではないのをご存知ですか?
オイルパンの中のオイルは性能の優れたオイルであることが必要です。
更にエンジンを好調に長期に保つ為には燃焼室内にも燃料系統にもオイルが必要なのです。

New TEは燃料そのものではありません。
燃料のオクタン価やセタン価を上げる燃焼促進剤でもありません。
実は燃料に微量添加する特殊な共晶膜を形成する潤滑剤(オイル)なのです。
ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、2サイクルエンジンに使用可能です。

GRP潤滑剤には固体微粒子系成分や腐食系成分などは一切含まれていません。

用途・特徴・効果

New TEの用法
燃料の量に対して約0.03~0.06%(標準的には0.04%)つまり1Lの燃料に対して0.4ccが標準の量です。
とても微量なので燃料に良く混ざるように給油の前に先ず給油量に対応する量のNew TEをキャップ口から
 タンクに入れてください。それから給油を始めてください。
 こうすることによってタンク内でNew TEはより良く均一に溶融することになります。

過酷なエンジン燃焼室の強い味方、New TEの効果
燃料系統、燃焼室の潤滑を大幅に改善・・・スムーズなエンジン作動
バルブの気密保持、磨耗損傷からの保護・・・バルブ周りの振動、騒音を大幅に低減
燃焼系統(プラグ等)、燃焼室の洗浄効果・・・馬力アップ、排ガス改善、燃費改善
 その他シリンダライナーとピストンリングの金属損傷、燃料ポンプの潤滑も改善します。
燃費の改善

New TEの仕様

用途・特徴・効果

エンジンの振動計測

金属摺動部の摩耗度合いの計測

燃焼改善度合いの計測

排ガス改善データ

使用上の注意

New TEは燃料でありません。多く加え過ぎますと潤滑性能は上がりますが燃焼効率が下がり燃費に悪い影響をもたらします。どんなに多く入れても0.07~0.08%以上は加えないで下さい。
指定添加量にて使って頂く場合は3~8%程度の燃費の改善も見られるケースはガソリンエンジン、ディーゼルエンジンを問わず多くあります。
多くの燃料添加剤はディーゼルとガソリンと併用は出来ませんが、New TEは両燃料に使えます。

GRP製品の詳細はこちらからお問い合わせください。

GRP全製品一覧はこちらをクリックしてください。

PAGETOP