• GRP
  • GRP

機械設備機器の焼付防止対策・異音対策・摩耗損傷対策・異常振動対策に、機械機器の延命にGRPの高性能潤滑剤。

カテゴリから選択

  • オイル

  • グリース

  • 水溶性金属加工剤

用途から選択

  • エンジン用

GRPグリースHTGシリーズ

HTGとはHigh Temperature Greaseの略でGRPでは高温グリースを意味します。HTGシリーズは3種類あります。用途に適した製品をお選び下さい。
産業界に於ける設備機器の潤滑分野で「高温」と称する場合、一般的には上限で200℃程度である事が殆度ですが、一方ではこれを越え400℃~500℃程度の超高温の元で稼動する機器もまた多々あります。しかしながら120℃程度を越える温度帯域からは長時間再充填なしで問題なく継続稼動させる事ができ、公毒性を有さないグリースはなかなかありません。高温になればなるほどそうであります。
GRPのHTGシリーズはこの困難な問題に解決を与える答です。HTGシリーズの対応温度は継続無充填稼働時間が1500時間程度の最高温度を表します。

HTGシリーズと環境安全

HTGシリーズも他のGRP潤滑剤同様、環境安全面には十分配慮した製品です。

HTG200の用途・仕様・特徴

乾燥炉内のベアリングに
溶鉱炉近辺のコンベアベアリングに
高温になるギアー部に
その他200℃程度の温度下で稼動する潤滑部位や高温から低温まで稼動範囲の広い機器の潤滑に。
増ちょう剤系列 カルシウム
基油 化学合成油
NLGI粘度 1.5
白系ベージュ色
滴下点 330℃
360℃(HTG300)
離油度 0.2%以下
酸化安定度 32kPa
水洗耐水度(80℃) 3.5%(消失量)
実用温度範囲 120℃‐200℃
腐食テスト 1a/1b
4球テスト磨耗量 0.42mm以下
Timken耐荷重圧 被膜強度 45kg/sq.mm以上
低温トルク(‐40℃) 2.5Nm以下

HTGシリーズは他のGRP潤滑剤同様、使用規制対象になっている一切の有毒、有害化学物質を含有していません。
環境面でも安全且つ安心な潤滑剤です。

HTG300及びHTG301の用途・仕様・特徴

乾燥炉内のベアリングに
溶鉱炉近辺のコンベアベアリングに
高温になるギアー部に
その他200~300℃程度の温度下で稼動する潤滑部位や高温から低温まで稼動範囲の広い機器の潤滑に。
HTG300はHTG200の高温耐湿特性を更に一段と高めたものであります。
メカニズム GRP共晶膜による潤滑
外観 茶系色
臭気 微弱臭
比重 標準1.20
粘度 0.1%以下
離油度 23cst(100℃)
基油粘度 23cst(100℃)
滴下点 360~370℃
使用温度範囲 120~300℃
酸化安定性 500h-2(ASTM D-942)
1000h-9
Timken耐荷重圧 被膜強度45kg/sq.mm以上
低温トルク(‐40℃) 2.5Nm以下

HTG600の用途・仕様・特徴

乾燥炉内のベアリングに
溶鉱炉近辺のコンベアベアリングに
高温になるギアー部に
弊社ではこの温度帯域でのグリース寿命問題の改善、 解決をすべく長年、研究開発を続けて参り、この温度帯域、250~600℃の環境下での使用を主目的にした新製品HTG600を完成しました。

常温域ではグリース状でありますが、200℃×100時間程度で600℃程度までの温度に耐性のある灰分潤滑剤に変化し、高温域では灰分潤滑となります。

外観 常温にては白色。高温にて黒色化
臭気 微弱臭
比重 1.2
粘度 NLGI #0~#00
溶融点 130℃
基油粘度 23cst(100℃)
使用温度範囲 250~600℃
酸化安定性 500h-2(ASTM D-942)
1000h-9

GRP製品の詳細はこちらからお問い合わせください。

GRP全製品一覧はこちらをクリックしてください。

PAGETOP